マイイーサウォレット 仮想通貨

MyEtherWalletでカスタムトークンを追加する方法

スポンサーリンク

MyEtherWalletでカスタムトークンを追加する方法

MyEtherWalletでカスタムトークンを追加する方法

MyEtherWallet.com(マイイーサウォレット) はイーサリアム専用のお財布。
MyEtherWalletは「MEW」とも表記されます。

MyEtherWalletではイーサリアムの他、ERC20準拠のイーサリアムトークンも入れておくことができます。
イーサリアムICOが増えていますのでMyEtherWalletを作っておいても損はないはずです。

MyEtherWalletにトークンを保存する時、ICO直後のトークンの場合にはトークン残高の欄にないことがあります。
トークン残高にないときには「カスタムトークンを追加」することで欄を追加していくことができます。

なお、マイイーサウォレットを複数使い分けしている場合には、マイイーサウォレット毎に『トークン追加作業』が必要です。

スポンサーリンク

カスタムトークンを追加する方法

Ethplorer — Ethereum tokens explorer and data viewerを開きます。

AirDropをしていた「IOStoken」を例に説明していきます。


AirDropとは無料で仮想通貨を配布すること。条件があることが多いです。
詐欺のケースもあるので、秘密鍵を求められる場合は参加しないでください。

Ethplorerを開いたらトークン名をフォームに入力して
該当するトークン名がでてきたらフォームに表示されるアドレスを押します。
Iostoken

Contract,Symbol,Decimalsを確認します。

「IOStoken」の場合は以下です。

Contract:0xFA1a856Cfa3409CFa145Fa4e20Eb270dF3EB21ab
Symbol:IOST
Decimals:18

Ethplorer Token IOSToken IOST Information Ethereum contract 0xFA1a856Cfa3409CFa145Fa4e20Eb270dF3EB21ab

MyEtherWalletを開きます。
トークン残高欄にある「カスタムトークンを追加」を押します。

MyEtherWallet com

Ethplorerで調べた内容を入力して「保存する」を押します。

トークン契約アドレスへ => 「Contractのアドレス」
トークンシンボルへ => 「Symbol」
ケタ数へ => 「Decimals」

それぞれ入力していきます。

MyEtherWallet com

Ethplorerにない仮想通貨をカスタムトークンに追加する場合にはどうするか?

Ethplorerにない仮想通貨をカスタムトークンに追加していく場合には,
仮想通貨発行元から情報があると思いますので、その情報を元にカスタムトークンを追加します。

下はNGOコインの例にしてカスタムトークンを追加したものです。・

Wallet

MyEtherWallet com

MyEtherWalletを使い続けるならハードウェアウォレットは使用するべき

過去にマイイーサウォレットに入れていた仮想通貨が盗まれしまったことがあって,セキュリティについて改めて考え直ししました。
ハードウェアウォレットを使うのが一番安全ですね。

MyEtherWalletを使うときはハードウェアウォレットを使うべき。
目の前にある物理的なカギを自分で管理できるのは精神的に安心です。
自分の知識量を超えるハッカーはたくさんいるのでデジタルは何が起こるかわからない。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

MyEtherWalletの使い方

MyEtherWalletの使い方はこちら↓

暗号資産(仮想通貨)への投資は自己責任でお願いいたします。当サイトは仮想通貨の情報収集を目的としています。

おすすめの仮想通貨取引所

■取引所・アプリが使いやすい「コインチェック」
コインチェック
■本格的に取引するなら「BINANCE」

スポンサーリンク

-マイイーサウォレット, 仮想通貨
-, ,

© 2021 ラムオの仮想通貨生活