アルトコイン 仮想通貨

仮想通貨ライトニングビットコイン(LBTC)について

スポンサーリンク

U9sHYAFH 400x400

2017年12月19日頃に499,999ブロック数に達した時点のビットコインハードフォークでライトニングビットコインが誕生しました。

■公式サイト
Lightning Bitcoin

■Twitter
Lightning Bitcoin LBTCさん | Twitter

スポンサーリンク

ライトニングビットコイン(LBTC)の特徴

  • 新しいブロック生成速度がわずか3秒
  • 発行枚数:2100万枚
  • LISKと同じDPoSでスマートコンストラクト、ゼロ知識証明など実装予定。

Lightning Bitcoin

発行枚数:2100万枚
新しいブロック生成速度:3秒
ブロックサイズ:2MB
Segwit:まだ
リプライプロテクション:実装
難易度調整:なし
マイニングハードウェア:CPU

ライトニングの名前通りビットコインに比べて処理速度が圧倒的に早いのが特徴。
ビットコインは新しいブロックを生成するのに「10分」
比べて「ライトニングビットコインは3秒」です。

ブロックサイズではビットコインは1MBですが
ライトニングビットコインは2MB。

ブロックチェーン承認システムはLISKと同じDPoS(Delegated Proof on Stake)が採用されています。

DPoSはマイニング方法の1つで ブロック承認者や承認する順番が決められてからブロックを生成する方式。
低コストで早いブロック生成が可能になります。

マイニングはBitZeny同様のCPUマイニング。

公式サイトのロードマップによると2018年にスマートコントラクト、DAppsを実装。
DAppの実装にはゼロ知識証明、アトミックスワップが含まれます。

Lightning Bitcoinroadmap

ライトニングビットコインはアルトコインのいいとこ取りをしたような仮想通貨になっています。

ライトニングビットコイン(LBTC)の取引所

主に中国取引所が上げられています。

Lightning Bitcoin

ライトニングビットコイン(LBTC)の付与はどこで?

すでにyobitではライトニングビットコインの付与がされました。

Binanceでもライトニングビットコインの付与が期待されています。

暗号資産(仮想通貨)への投資は自己責任でお願いいたします。当サイトは仮想通貨の情報収集を目的としています。

おすすめの仮想通貨取引所

■取引所・アプリが使いやすい「コインチェック」
コインチェック
■本格的に取引するなら「BINANCE」

スポンサーリンク

-アルトコイン, 仮想通貨
-,

© 2021 ラムオの仮想通貨生活