仮想通貨 仮想通貨ニュース

1月20日(土) 04:00 頃にイーサリアムのハードフォークでイーサリアムゼロ誕生か?

スポンサーリンク

Etherzero

イーサリアムのハードフォークでイーサリアムゼロ(EtherZero $ETZ)が誕生するかもしれません。

過去の事例として、イーサリアムの分裂はイーサリアムのハッキングによってイーサリアムコミュニティが分裂して
誕生したイーサリアムクラッシック($ETC)があります。

  • 日本時間2018年1月20日(土) 04:00 頃ハードフォーク予定
  • 高機能イーサリアム
  • ホワイトペーパー、ロードマップあり。

スポンサーリンク

項目 リンク等
公式サイト ETZ http://etherzero.org
公式Twitter EtherZero(@EtherZero_org)さん | Twitter
ホワイトペーパー イーサリアムゼロ ホワイトペーパー
Biytcoin forum EtherZero - Fork 1:1 of Ethereum 0 TX Fee Masternode 10000+ TPS
Telegram Telegram: Contact @etherzero_org

スキャムサイトやアカウントが見られるようなので注意。
Twitterは@EtherZero_org、公式サイトはhttp://etherzero.orgです。

イーサリアムゼロのハードフォークはいつ?

イーサリアムゼロはブロック数4,936,270でハードフォーク予定。
「Greenwich time 19:00-21:00 January 19, 2018」となっていますので2018年1月20日(土) 04:00 頃。

イーサリアムの最新ブロック数はEthereum BlockChain Explorer and Searchで確認できます。
2018年1月18日4時現在4,925,247。

イーサリアムゼロの取得割合

イーサリアム1に対して1イーサリアムゼロが配布予定。

イーサリアムゼロの特徴

イーサリアムゼロは、DAPP開発者が必要とする機能を持ったプラットフォーム。

DApps(自律分散型アプリケーション:Decentralized Applications)とは
ブロックチェーン上で動くオープンソースアプリケーションで、自動処理されアプリを利用するときにトークンを使う。

DAPP開発者が必要とする機能として以下があげられており、
公式サイトではイーサリアム、EOS,IOTAとの機能比較表があります。

・Two layer network system
・Masternode system
・Autonomous community governance system
・0TX fee(0 transaction fee)
・Instant Payments
・High scalability

ETZ

イーサリアムゼロのロードマップ

2019年Q4までのロードマップがあります。

ETZ

イーサリアムゼロの対応取引所

取引所はBinance,Houbi,Bittrexなどが予定されているとのこと。

bitFlyer,Coincheck,Zaifの名前がリストアップされてるのが急に胡散臭さを出してきました。
ETZ

ホワイトペーパーが用意されているのは信頼性が見えますが、ビットコインハードフォークで誕生予定だったビットコインプラチナが詐欺だったように、
もしかしたらイーサリアムゼロも騙しの可能性もありますので、直前までは情報を調べていく方が良いと考えています。

イーサリアムゼロの付与

イーサリアムゼロの付与に関してはツイッターでHow to get ETZ??として公表されています。

イーサリアムゼロの対応ウォレット

MyEtherWallet(MEW)やMeta Maskなどの代表的なイーサリアムウォレットに対応。

ETZ

coincheckではイーサリアムクラッシック誕生時に1:1で付与がされました。

Ethereum Classicコインについて
コインチェックでは、ハードフォーク前の最後のブロックの生成時刻(JST:7/20 22:20:38)時点でEtherを所持していたお客様に、ETHと同額のイーサリアムクラシックを付与しています。ETHの借入によるETHの残高の増加分は、ETCの付与の対象になりません。通貨の単位はETCです。

https://coincheck.com/contents/ethereum-classic より

ビットコインゴールドがまだ認可されていないことを踏まえると、国内取引所で付与はなさそうですね。
まだ対応発表されていませんがBinanceの方が付与される確率はあるかもしれません。

暗号資産(仮想通貨)への投資は自己責任でお願いいたします。当サイトは仮想通貨の情報収集を目的としています。

おすすめの仮想通貨取引所

■取引所・アプリが使いやすい「コインチェック」
コインチェック
■本格的に取引するなら「BINANCE」

スポンサーリンク

-仮想通貨, 仮想通貨ニュース
-, , ,

© 2021 ラムオの仮想通貨生活